光エステを自宅でする場合のデメリットについて

エステで行う光脱毛を、家にいながら行える脱毛器が最近人気を集めていますが、脱毛器を使う時の留意点は何でしょう。デメリットとして考えられるは、エステサロンでの光脱毛とは異なり、永久脱毛ではないという点です。家庭用の脱毛器を使った脱毛は、脱毛ケアを続けているうちはむだ毛のないなめらかなお肌を維持することができますが、何らかの理由で利用をやめると、脱毛前の状態に戻ってしまいます。光脱毛は効果が永久だという印象がありますが、それは、エステの光脱毛が、永久脱毛であるとされているためです。エステで扱う脱毛器機より、家庭用の脱毛器機のほうが出力が低めですので、脱毛力自体も弱いものになってしまいます。光エステで脱毛器を利用していると、徐々にむだ毛が細く、弱くなっていきます。ですが、使用を中断すると、いずれむだ毛は増加していきます。自宅で脱毛器を使って脱毛をする場合、エステのように永久脱毛施術をすることが不可能であるため、ずっと利用することになります。数回通って脱毛処理が完了してしまえば後は一切、サロンに通う必要は無くなります。エステの脱毛コースより、家庭用脱毛の方が、不利な点がここです。けれども、ムダ毛は脱毛器を使うことで減少していくため、ムダ毛処理をしない期間をだんだんと延ばしていくことができるといいます。脱毛器での脱毛は、今後永久的に脱毛ができるものではありません。エステの光脱毛にしろ、光脱毛を家庭で行える器機の使用にしろ、長所と短所がありますので、どちらを利用した方が自分にとって都合がいいかを、きちんと検討する必要があるでしょう。

手術をしない多汗症の治療方法

汗をたくさんかく多汗症の症状を治したいという人はたくさんいますが、手術に頼らずに多汗症は何とかなるでしょうか。多汗症を治療したいと思ったらまず皮膚科にかかりましょう。皮膚科で多汗症の状態を調べてもらうことが大切です。まずは手術以外の方法で多汗症を改善するようにしていきます。手術はできれば避けたいものです。汗腺から汗がこれ以上出てこないように、塩化アルミニウムをつけるという治療法が、皮膚科では行われています。塩化アルミニウムの塗布が可能なのは手のひらや脇の下などで、傷のある部分、粘膜の近くは、塗ることは認められていません。汗をたくさんかく部分に、電気を通して発汗をとめるという、イオンフォーレシスという方法もあります。通電する前に、汗の出方を押さえたい場所に、水道の水をつけます。効果が出るまでに最低でも2週間ほどかかりますので、忍耐強く継続することが必要です。1週間に数度行う治療であり、中断するといずれ症状が出てくるといいます。この頃は、多汗症の治療を行うための装置を通販で注目できるようになり、国内でも多汗症の治療方法の選択肢がふえているといいます。交感神経の働きを抑えることで、発汗作用を抑制するという内服薬を、多汗症の治療に使うこともあります。手術ではない方法で多汗症の治療をすることもできますので、まずは病院で話を聞いてみるといいでしょう。

多汗症手術の方法について

近年では、多汗症が悩みの種である人が少なくありませんが、一般的な多汗症の手術方法とはどんなものでしょう。手術はあくまでも多汗症治療の最後の手段ですが、しっかりと治療したい人は手術も検討してみる価値があります。ボツリヌストキシンという薬を注入することによって多汗症の症状を抑えるボトックス注射は、皮膚を切ったり縫ったりしなくてもいい手術です。ボトックス注射は、施術後まもなく今までどおりの暮らしに復帰できますし、手術の痕が残らず、副作用も起きづらいといいます。ボトックス注射は、軽い気持ちで利用することができますが、3カ月から1年くらいで元通りになってしまいます。ETSという方法で、手のひらの多汗症を治療することができます。多汗症の引き金となる交感神経が過剰に働きすぎないように、除去したり、焼き切ったりするものです。ETSは脇の下に数ミリの穴をあけ、内視鏡を入れ映像で確認しながら交感神経の束を見つけて切断するそうです。手術によってつく傷はそれほど大きくなく、30分程度であれば終わり、入院も必要ありません。ETSのいい点として、保険を使えば自己負担額が3割程度というところがあります。もしも、多汗症の手術をするつもりであれば、副作用が出る恐れもあることを理解した上で、決断をすべきです。多汗症の手術に、脇の下の汗腺を取り除いて発汗を防ぐというものがあります。多汗症の手術は、体のどの部分の汗を出にくいようにしたいのかで方法が違いますので、症状に合わせた手術をしましょう。